40代でもうまくいくカフェ経営のコツ

自分の店の集客について悩んでる人は多いと思います。

何でお客さん来ないのかな?とか
どうしたらお客さん来るのかな?とか

なぜあの店はいつも予約でいっぱいなんだろうとか。

悩む前に、一度自分の店がどんな集客をしているのか、考えてみましょう。

意外とやれることがたくさんありますよ。

カフェの集客って偏ってない?

少なくとも私は、お店のポスト(駅前)にも、家のポスト(郊外)にも、個人店のカフェのチラシが入っているのを見ません。

駅でポスティングしてるのにも出会いません。

逆にフリーペーパーに記事が掲載されているのを見ることはよくあります。

SNSはカフェのためにあると言っても過言じゃないくらいてんこ盛りですよね。

カフェの集客は片寄っている気がするのです。

それどころか、集客をしないことが一つのブランドになっていたりもしますよね。

集客をしないでもお客様がどんどん入るならそれはそれに越したとことはないとは思いますが、実際はお客様(口コミ)やメディア(雑誌に掲載されたり)などが集客の代わりをしているだけなので、そこに頼らずに店側から

「おいでよ」と発信する行為はとても大切です。

効果的な集客とは?

私はこれまで多くの集客に関する施策にチャレンジしてみました。


では、何がいちばん効果的なのか。

答えは

やってみないとわからない

です。

有料だから効果的というわけでもない。
たとえばInstagram。

もう映えてる写真まみれですよね。

あの中で人の気を引こうと思ったら、相当写真のテクニックがいりますよね。

Instagramには写真だけじゃない集客の戦略があって、書籍もたくさん出ていますよ。

店主が10人いれば10人のカフェの形があって、メニューも立地も違います。お客様の年齢や職業も違います。

単純に

「インスタは若い人向け」とか「40代はFacebook」とか、その辺の情報だけをうのみにして発信しても全然足りません。

世の中には集客に使える無料の媒体がゴロゴロ転がっています。

その中のたった一つや二つの媒体でだけ発信したって、誰も気になんか留めてくれないです。

あなたも、自分のSNSのフィード、どんどん流れて行ってますよね。

どれがヒットするかなんてやってみないと分からないんです。

そしてやらない人に「これがいい」とか「あれはだめ」とか語る資格もないと思います。

あなたのお店の問題の答えは、結局はあなた自身しか出せないんです。

負担なく続けれるものを選ぼう

あなたは無料の媒体をいくつ言えますか?
その中でいくつやりましたか?

例外もありますが、同じ内容の投稿でもいいんです。
コピペする時間、ありますよね?

明日はとりあえず、新しいアカウント一つ、作ってみましょ❤️

有料のものに頼ってたら、お金だけがどんどんなくなっていきます。

まずは負担なく始められるところからです。

 

私のお店の日常から感じる生の情報音声で配信しています〜「Stand FM」

まずはやってみよう!カフェオーナー一日体験。お申し込みはこちら

まずはやってみよう!カフェオーナー一日体験。お申し込みはこちら

カフェオーナーになるためのイロハがマンツーマンで学べるカフェ開業セミナーのお知らせはこちら

まだまだいろんなこと、つぶやいています。note「みるださん」はこちら

まだまだいろんなこと、つぶやいています。note「みるださん」はこちら

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ひとりで安らぐ癒やしのカフェ