40代でカフェを開業したあなたへ伝えたい、お客様が来ない理由

初日から連日満席の店

私のお店はオープン当初所謂「ママ友」といわれるグループのお客様が多く来られました。

店の前に子供乗せのついた自転車がたくさん止まり、店内もとても賑わいました。

その一方で
「オタクは若いお母さんがたくさん来てるからねぇ」と、年配のお客様の来店があまりありませんでした。

天気はいいのに、お客様が来ない

 

夏休み前に、お客様の数が激減しました。

給食がなくなったからです。

そこでお子さまも一緒に来店して欲しいと子供メニューを作りましたが、

お客様にとって私のお店は
「子供抜きで話をしたい場所」だったため、
子供連れでの来店には繋がりませんでした。

季節により客数の変動が起こることに不安を覚えた私は、もっと上の年齢層に来て欲しいと築年数15年くらいのマンションにチラシを撒きはじめました。

チラシを見たお客様が来店されましたが、
再来店には繋がりませんでした。

「来店する理由」より「来店しない理由」に向き合っていますか

普段冷房の聞いている家にいて、ただ単にカフェに行くために外には出ないのでしょう。

私でもそうです(笑)

お客様にとって来店する理由を考えることは簡単だと思います。

「美味しいランチを食べたい」
「ゆっくりくつろぎたい」
「友人としゃべりたい」
「チラシでお得にごはんが食べられる」

では来店しない理由は?

雨だから?暑いから?寒いから?夏休みだから?コロナが心配だから?

ではなく

「用事がないから」

店をやる側に「ターゲット」というものがあるように、
お客様にも選ぶ店の基準があります。

「美味しいランチが食べたい」だけならレストランでも代わりがきくし、
「友人としゃべりたい」なら今はオンラインでもすみます。

気まぐれな理由でいとも簡単にお客様は来なくなります。

来店する理由が一般的であるほど、新しいお店にお客様は流れ、気づかないうちに「特に必要のない店」になってしまうのです。

お店のどんなところがお客様に取って必要かを知り、伝えることの大切さ

お客様が来るための「用事」を作ること。
カフェは「待ち」の商売なんかじゃありません。

あなたの店を必要としてくれている人は誰ですか?

あなたは本当にその人に会いたいですか?

その人に会うための努力をしていますか?

ちゃんと会う口実を作っていますか?

音声配信アプリ「Stand fm」で40代のカフェ開業希望者に向けて音声配信しています。

そんな音声配信の内容、聞きたくなったら⇓

私のお店の日常から感じる生の情報音声で配信しています〜「Stand FM」

まずはやってみよう!カフェオーナー一日体験。お申し込みはこちら

まずはやってみよう!カフェオーナー一日体験。お申し込みはこちら

カフェオーナーになるためのイロハがマンツーマンで学べるカフェ開業セミナーのお知らせはこちら

まだまだいろんなこと、つぶやいています。note「みるださん」はこちら

まだまだいろんなこと、つぶやいています。note「みるださん」はこちら

私のお店の日常から感じる生の情報音声で配信しています〜「Stand FM」

まずはやってみよう!カフェオーナー一日体験。お申し込みはこちら

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ひとりで安らぐ癒やしのカフェ