客単価の低いカフェの集客を考える③〜チラシは良か否か

店舗をやっている人はほとんどの方がトライしたことがあると思います。

「チラシ」

私もオープン当時からやっていました。

お店が女性向きだということを意識して、ピンク色の背景にランチやケーキの写真。

裏面にはメニュー表を印刷して、お店の前に立てかけていました。

切り取って使えるクーポン券も付けました。

 

しばらくしてマーケテイングの勉強をするようになり、店前ではなく、フリーペーパー折込のチラシを作りました。

そのあと、ポスティングやハンディングも経験し、おそらくトータルで25000~30000枚はチラシを配布したと思います。

反応率1%あれば優秀と言われているチラシの世界で、3%の反応がとれたものもありました。

 

だけど、結局配布したチラシから今でもリピートとして来てくださっているお客様は

一人しかいません。

 

チラシから長いお付き合いのできる顧客を獲得するというという点では、私のチラシは失敗でした。

 

でも、今でも私は「チラシはあかん」とは思っていません。

私の作ったチラシが集客できなかったというだけで,私のお店がチラシから集客するのに向いていなかった(費用対効果も含めて)というだけでチラシなんて大した反応が取れないからダメだとは思っていません。

 

「次はこうしよう」と思って改善してきて、

最終的にチラシではない違う媒体での集客をしてみようという結論に至っただけです。

 

これからお店を始める方に、いろんな方が「これはダメだよ」とか「無駄だよ」とか「これがいいよ」とかいろんなアドバイスを下さると思います。

どんな方法を取ったっていいと思う。

 

でもよくないと思うのは

「他人をうのみにしてやらないという行動をとること

 

結論は自分で出してください。

Try&Errorで失敗の引き出しをたくさん作ってください。

その引き出しはきっと成功へとつながるから。

 

1年間チラシをお休みしていた私ですが、

最近またやってみようと思っています。

値引きもクーポンも一切ついていないチラシ。

結果がたのしみです。

 

このお話は音声でも配信しています。こちらをクリックしてね。

 

あなたのカフェ開業の不安や疑問にお答えしています。↓

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ひとりで安らぐ癒やしのカフェ