小さなカフェの集客「ターゲット」について

私はお客様に選ばれるお店になりたいです。

 

でも、お客様ならだれでもいいですか?

本当は嫌じゃないですか?

 

私は嫌です。

本当は嫌なのにずっと我慢していました。

本当は嫌なのに

「でもそのおかげで○○円の売上になったし…」とか思って納得していました。

 

もしあなたのお店に、あなたが嫌だなと思うお客様が来ているなら、それはお客様が悪いのではなく、あなたが呼んでいます。

売り上げを上げるためだったり、お店にお客様がいない状態を作りたくないためだったり、それは無意識だと思うけど。

 

フツーのお店はフツーに流行って、フツーにダメになって行きます。

「飲食店の廃業率3年で8割」の中にすっぽり入っちゃいます。

 

私はお客様に選ばれるお店になるためには、自分がまず「お客様を選ぶ」そして自分が選んだお客様だけに来ていただくためにどうしたらいいかだけを考えることが最も必要だと思っています

「選ぶ」という言う言い方はちょっと雑だけど、それが「ターゲット」。

 

その「ターゲットは」お店がもついろんな局面でそれぞれ違います。

店内飲食の方、テイクアウトの方、イベント参加の方。

そして、いらしてくださったお客様には満足して帰っていただけるように自分がすべきことは何か、ずっと考えています。

自分が提供できるすべてを提供したいと思っています。

 

毎日綺麗にお掃除して、今なんかコロナだから毎回アルコールで拭きあげて清潔に保って、一生懸命考えて作ったメニューを心を込めていい状態でお出ししようとしても、その気持ちを分かってくださるようなお客様を選んでいないと、

「ちょっとお茶でも」というお客様が来られます。

「どこでもいい」から休みに来た方が来られます。

 

お客様を選ぶなんて10年早いと思っているあなた。

3年頑張ったから8割の中に入ってもいいやって思ってるなら構わないけど、嫌だ!2割の中に入りたい!って思っているならお客様を選んでみてください。

 

お店をやっていたら「ターゲット」ってよく聞くし、大切だと思いながら、

いざお客様を前にすると意外に選べない自分がいるはずです。

ちなみにあなたのお店を「選ばれた」お客様が、その先もずっとあなたのお店を選ぶかは別問題です。

長いお付き合いになるからお互いに選びあうための努力が必要です。

お客様はそのために何度もいらしてくれるのです。

あなたは何をして差し上げられますか?

まだまだブログ書いています(^^)

 

音声配信アプリ「Stand fm」で40代のカフェ開業希望者に向けて音声配信しています。

 

私のお店の日常から感じる生の情報音声で配信しています〜「Stand FM」

まずはやってみよう!カフェオーナー一日体験。お申し込みはこちら

まずはやってみよう!カフェオーナー一日体験。お申し込みはこちら

カフェオーナーになるためのイロハがマンツーマンで学べるカフェ開業セミナーのお知らせはこちら

まだまだいろんなこと、つぶやいています。note「みるださん」はこちら

まだまだいろんなこと、つぶやいています。note「みるださん」はこちら

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ひとりで安らぐ癒やしのカフェ