カフェの集客を車とコーヒーに学ぶ

あなたは車をもっていますか?

いろんなメーカーの車が売られている中でなぜその車を買いましたか?

その車の前にはどんな車に乗っていましたか?

同じメーカーの車ではありませんでしたか?

もし違うならなぜ変えましたか?

 

私は車を買ってから、メーカーを変えたのは一度だけです。

同じメーカーで小さな車から始めて、家族構成によって大きな車に変わっていきました。

ミニバンなんて他メーカーからも似たような車はたくさん出ていて、車を買い替える機会のたびに見に行こうかな~なんて思うものの、結局同じメーカーから買いました。

それはなぜかというと、「営業マン」がいい人だったからです。

 

私はお店をオープンするとき、取り扱うコーヒー豆を買わせていただくロースターさんと知りあうために、何件ものお店を回りました。

販売されているコーヒーはどれも美味しかったし、小ロットでの焙煎にも対応していただけるというのはほぼどこも同じでした。

私が今のロースターさんにお願いすると決めたのは、これから長いお付き合いをしていくのに一番心地がいいと感じたからです。

 

人は物を買うとき、物そのものではなく、人を買うという話はよく聞くと思います。

商品が高額とかそうでないとか関係なく、長く続けるものはそういう傾向にあります。

では、あなたのお店はどうですか?

「美味しいコーヒー」とか「身体に優しいランチ」を売っていませんか?

それを作っているあなたは一体どんな人間なのか。

それが伝わるお店になっていますか?

 

一人営業のお店が、お店を回しながら、常に新規のお客様を取っていくのは時間とお金と根気がいることです。

できるなら、リピートのお客さまでお店が成り立つようにしたいものですよね。

 

私は以前スタッフを雇っていた時、売り上げを取りたくて店は年中無休にしたことがあります。

カフェ開業希望者だったスタッフに将来の勉強になるからと、オペレーションをすべて教えて、その日は彼女に任せ、私は休みを取りスタッフだけで営業してもらっていました。

でも正直気になって仕方ないし、カウンターに座られるお客様は「えー、今日オーナーいないの?」と少し残念そうにされてたという話を後で聞くと、

小さな店というのは良くも悪くも店主のキャラが看板になるということを痛感しました。

私はスタッフに任せて自分はお休みを取るという行為を半年足らずでやめました。

 

まだあなたが若くて、この先2店舗目、3店舗目とお店を増やしていきたいのなら、どこかで「あなたが店には立たない」ということをやらないといけないし、ましてそのころには現場の仕事以外の仕事に忙殺されると思うので、私のやり方は合わないと思います。

 

でも今あなたが立っているそのお店だけで、細くても長く続けたいと思うなら、

あなたという人がどんな人で、どんな思いで毎日お店に立ち続けているのか、「しつこい!もう知ってるよ」って誰かに言われるくらい伝え続けてください。

あなたのことを知らないで「近くのカフェ」ってググって来たお客様があなたのトリコになるくらいに。

 

でなければ、あなたの店のコーヒーはいつまでも500円のままで、車みたいにランクアップしていかないし、ロースターさんみたいに長いお付き合いをすることもできません。

音声でも配信しています。こちらをクリックしてね。

あなたのカフェ開業の不安や疑問にお答えしています。↓

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ひとりで安らぐ癒やしのカフェ