自己投資の必要性について考える

私のお店は、レンタルキッチンをしています。

菓子製造の許可を持っているので、営業時間外や定休日を使って貸し出しをしています。

 

ホームページなどで都度都度配信していることもあって、お問い合わせは割とあります。

 

さて、

私のお店をレンタルキッチンとして借りるとすると、レンタルキッチン代の他に、初回だけ、5000円の登録料がかかります。

 

なので初めて借りられる方はおおむね1万のキッチン代がかかります。

 

この時点で大半の方が「ちょっと考えます」とおっしゃいます。

 

マルシェに出店となると、別に出店料もかかるし、そもそもマルシェってそんなに価格を取れる場でもありません。

 

焼菓子をいくらで販売するかはその方の自由ですが、きっと経費をペイできないとお考えになるからだと思います。

 

でも私は、その1回の出店で終わろうとする方に自分の大事なお店のキッチンを貸そうとは思っていません。

そのマルシェの出店からいろんなことを学び、これからのご自身のビジネスをどう進めて行ったらいいか、そんな先のことまで見据えている方に使って欲しいと思っているし、そのお手伝いの一辺もさせていただけたらいいなと思っています。

ご縁を大切にしたいのです。

 

レンタルキッチンを借りていただいた記念すべき第1号の方は、おそらくそのマルシェ当日の収支は大赤字だったと思いますが、マルシェを見に来たバイヤーさんの目に留まり、ビジネスは一気に拡大しました。

通販だけではなく、東京や中部地区にも商品を納品してらっしゃいます。

今でも「背中を押していただけた」と言ってくださいます。

 

間借りカフェを始めた方もいらっしゃるし、キッチンカーでのビジネスを考え始めた方もいらっしゃいます。

そしてみなさんが一様に口を揃えておっしゃいます。

 

とにかく動き出してみないと変わらない」と。

 

5000円を経費とみるか、はじめの一歩への投資とみるか。

それはあなたの自由です。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA