カフェ開業支援サービス一覧|現役カフェオーナー厳選5サイト

カフェ開業支援サービス一覧~現役カフェオーナー厳選5サイト

夢だったカフェの開業。

でも残念ながらカフェの廃業率は3年で7割と言われています。

なぜなんでしょうか?

それは

カフェが飲食店の中では比較的ローコストで出店できることから

十分な知識や技術のないまま開業に踏みきる方が多いからではないかと思います。

今はカフェの開業を後押しする様々な支援サービスを提供しているところがあります。

そんな支援サービスをいくつかご紹介します。

1.USEN

1.USEN

有線放送のUSENでは、無料の開業セミナーがいくつか用意されています。

大手企業ならではのネットワークで資金融資の相談や事業計画書の作成、物件仲介なども支援してくれるようです。

また、USENが運営している開業サポートサイト「canaeru」でも、物件、内装などの相談ができます。

USENの関連ページはこちら

canaeru のページはこちら

2.大手のコーヒー会社

2.大手のコーヒー会社

コーヒー会社では抽出のセミナーだけではなく、開業に関するセミナーも開催しているところが多く、将来的にはコーヒー豆の取引を見据えた開業サポートが整っています。

UCCカフェオーナーズクラブ

MUC上島珈琲貿易株式会社

大阪サントス珈琲株式会社

シーシーエスコーヒー株式会社

松屋コーヒー

エキストラ珈琲株式会社

3.個人カフェ.COM

主に個人でカフェを経営しているかた向けのコミュニティーサイトで、新規店の紹介などもされていますが、これからカフェを開業する方向けにもセミナーやネットでの無料相談室などのサービスがあります。

ホームページはこちら

4.創業手帳

登録すると開業、その後の営業に必要な様々な用途の冊子が送られてきます。メルマガでも情報を取ることができます。起業セミナーも開催されています。カフェに特化しているわけではありませんがほぼすべてのサービスが無料で受けられます。

ホームページはこちら

5.ユアカフェ

5.ユアカフェ

現在私が運営している「40代でカフェを開業したい女性」のためのサポートです。

40代は自分のこれからの人生をかけたり、「本当にやりたかったこと」という自己実現のためにカフェ開業という選択肢を取られる方が多く、リベンジはできないという思いで挑戦されます。

私自身が49歳でカフェを開業し、これまで経営してきた経験を踏まえ、単なる営業ではなく、自分の体力や生活と向き合いながら無理なく続けるカフェ経営のお手伝いをしています。

49歳で小さなカフェを開業した私が6年後の今思うこと

カフェ経営は自分らしい人生の第2章〜40代のカフェ開業、50代のカフェ経営を考える

まとめ

ローコストでオープンしたのはいいけど、続かなくなって掛けた費用を無駄にしなくていいように、支援サービスを上手に利用して長く続くお店を作っていただきたいと思います。

 

私のお店の日常から感じる生の情報音声で配信しています〜「Stand FM」

 

まずはやってみよう!カフェオーナー一日体験。お申し込みはこちら

まずはやってみよう!カフェオーナー一日体験。お申し込みはこちら

 

カフェオーナーになるためのイロハがマンツーマンで学べるカフェ開業セミナーのお知らせはこちら

 

まだまだいろんなこと、つぶやいています。note「みるださん」はこちら

まだまだいろんなこと、つぶやいています。note「みるださん」はこちら

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ひとりで安らぐ癒やしのカフェ